福岡でアイドルレベルの美女とイチャイチャできる中洲のソープランド

Soapland

ソープランドのスケベ椅子

ソープランドには様々なプレイメニューがあります。その中でも基本と呼ばれるプレイが椅子を使ったプレイです。ソープは個室に入ってプレイしますが、その個室にはお風呂のほかに、椅子、マット、ソファなどが配置されていることが一般的です。ソープの椅子は、入浴時に使えるタイプのもので、俗に言うスケベ椅子です。
スケベ椅子は風俗で使われている椅子というイメージもありますが、実際の販売では痔の人などに向けて売られていることもあります。スケベ椅子は座っている人の股下を触りやすいように股間のあたりの座面に隙間が空いているのが特徴の椅子です。形状によってスケベ椅子は大きくわけて2つあります。1つ目は、座面の下の空洞が大きくなるように設計されていて、人が下をくぐりぬけられるようになっているくぐれるタイプの椅子です。2つ目はくぐれないタイプの椅子です。どちらにしても、その独特な形でありながら十分な強度を持った安全性が必要ですので普通の椅子と比べてかなり高価です。
このスケベ椅子を使ったプレイは、体を洗いながら一番最初に行う場合もあります。主なプレイとしては、体を使って洗ってくれるボディ洗い、スケベ椅子の特徴をいかしたくぐり椅子、そのほかに壺洗いやたわし洗いがあります。